私の本業(お金)と副業(満足)

私の副業を始めたきっかけは、日中働いている事務職に物足りなさを感じたからです。

そして大学卒などの学歴はなかったのですが、英語圏への海外留学経験があったので、本職が終わった後19:30〜20:00塾の講師として働いていました。

本職に迷惑がかかるとまずいので週2日でやっていましたが、実際には夏季講習・冬季講習などでほぼ週6日ぐらいになってしまい。本職の夏・冬休み期間は全て塾講師として働いていました。自分が持っている能力を使用する事ができて、また英語の基本力アップにつながったりし、大変な事も多かったのですが、やりがいを感じていました。

生徒2人・先生1人の個別塾だったので、一人一人と向き合う事ができ、相手は中学生の子供なのですが、子供である彼らなりの考え方・家庭環境・最近の中学生の傾向などを知ることができて楽しかったです。学校の先生とは違い親御さんと直接触れ合うことがなかったのも楽でした。

親御さんとの話し合い(塾代金などお金の話、生徒の進学先の話など、難しい事色々)は室長が行い、先生は教える事だけに専念することができました。

精神的にはよかったのですが、給料が安く、体力的には疲労により帯状疱疹がでるくらい大変でしたが、なんだかんだと5年くらい続けました。

本職が忙しくなり、辞めなければいけなくなり辞める事になりました。私の様な副業の型は大変恵まれていたのではないかと思います。

お金の面では本業で稼ぎ、副業で精神面の満足を得ていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です