月別アーカイブ: 2016年3月

友達に月に15万稼ぐチャトレがいます。

友達に外で働くことが精神的に苦痛だからチャットレディーを本業でやっているという子がいます。

基本、ノンアダルトらしいのですがたまに下着をチラチラ見せたりすると喜ぶに長い良心的なお客さんにはやってあげるとか言っていました。

その子の部屋には結構遊びに行くのですが、一角だけすっごくキレイに装飾している場所があります。サテンっぽい生地で壁を覆って造花などを飾っています。
「ここの前にパソコン置いてやってるんだよ。後ろが生活感ないほうがいいかなと思って。男性も結構高いお金払っているんだしね。いろいろ工夫はしてる」って言ってました。

「月にどれぐらい稼いでいるの?」って聞いた時は

「はじめのうちは変な客ばっかりで稼げないと思ってやめようと思ったことあったけど、良心的なリピーターが増えてきてから収入が安定して今は月に15万ぐらい稼いでる」

って普通に答えてくれましたね。私もだいたい外で働いていますが派遣で15万ぐらいなので、ちょっとうらやましいかも〜なんて思いました。派遣もボーナスもあってないようなものなので同じぐらいだと思います。

「でもたまにすっごい客がいて普通に生活していたらされないような暴言吐いてくるから外で働くより精神的にお落ちるときあるけどね。。」って言っていたので、お金を稼ぐってやっぱり大変なんだなーっておもいました。楽して稼げる話はないんだなと、。あと、その子すっごい可愛いのでリピーターさんがついてくれてるんだと思います。

チャットレディで稼ぐならば出来るだけイベント時にインする

チャットレディというのは言わばオンライン上のキャバクラ嬢のようなものです。
男性に会ったりするわけではないので気楽に稼げるのが美味しいバイトです。

チャットをして稼ぐわけですが、稼ぎ方に関してはキャバ嬢は本当にそっくりです。
指名が入らないと収入はゼロ。

キャバ嬢の場合はフリー客などがいるのでまだいいですが、チャットレディにはフリー制度はありません。
必ず男性が希望する女性を自分で選択するようになっています。

チャットレディで稼ぐ為には出来るだけサイトにアクセスしてスタンバイしておくようにしましょう。
待機している時間を少しでも多く作ることで自分が選ばれるチャンスも増えます。

自分のお客さんを獲得したいと思った場合、出来ればイベント時には待機しておくことをお勧めします。
これはキャバクラのバイトをする場合でも同じなのですが、イベント時はいつもよりもお得に利用することが出来るのでアクセスが増えます。

沢山の人がくれば自分のことを指名してくれる人も出て来る可能性は高いです。
ただ、イベント時は単価が少し安くなる場合があります。
だからと言ってそこでガッカリしたりする必要はありません。

イベント時というのはチャットレディにとっても大イベントなのです。

このような機会にこそ新しい常連さんをゲットする絶好のチャンスだからです。
中にはイベントの時しか利用しないという男性もいますが、それはそれでいいのです。
一人でも会話をすればちゃんと収入になるのですから気にすることはありません。

意外に気を使う雨の日のママ友

もともと面倒くさがり屋の私…

子供が産まれても、幼稚園へ行けば自然に友達は出来るのだから、近所のママ友は一切要らないと豪語していました。

しかし実際に子供が公園へ行くようになると、一人ではつまらないということに気がつき、更に子供とずーっと一緒に遊んであげなければならないということにも気がつきました。

公園でママ友同志が楽しく話しているのを見て羨ましく思う毎日。
このままではいけない!と少しずつ話しかけてママ友作りを始めました。
そして決まった公園に通うようになり、子供と同じ年のママ達と話すようになりめでたくママ友になりました。

最初は公園で話すだけだったのが、段々連絡先を交換して、メールをするようになりました。

そしてある雨の日。
家にたまたまカステラがあり、お菓子は要らないとメールしてママ友達を呼んだものの、手ぶらで来たひとは居ませんでした。
そしてまさかのフルーツ盛り合わせや、手づくりケーキの数々!
そしてその他はジュースやスーパーで購入したようなお菓子でした。

何も要らないと言ったのにこの結果で、二度三度と度重なり公園だと無料で遊べるのに…と思ってしまいました。

皆それぞれの家に招く時は何も要らないと言うのにやっぱりなにかしら持っていくのです。
もちろん自分も適当に持っていくのですが、お金はかかります。
1回400円位なので重なると大きいのですが皆はそういうお金は食費としているのか、必要経費としているのか?と悩みます。

しかし聞くわけにもいかず、毎日天気が気になる今日この頃です。

たこ焼きを食べに大阪へ

去年から通い始めたお料理教室で、気の合う2人の友だちができました。

会えばいつも食べ物の話で盛り上がります。あるとき、たこ焼きの話になり、3人とも大阪へ行ったことがないねという共通点を見つけました。京都や奈良、神戸には行っているけれど、意外にも大阪には一度も行ったことがないのです。そこで、たこ焼きを食べに大阪へいこうという話になったのです。

考えてみれば、たこ焼き、お好み焼き、串揚げ、と大阪には気軽でおいしい食べ物がいっぱいあります。3人とも家族がいるので1泊しかできませんが、新幹線で大阪まで行くことになりました。少しでも安いプランはないかと思ってインターネットでさがしてみると、ありました。新横浜?新大阪を往復のぞみ指定席、ホテル1泊付きで23100円というお得なプランです。しかも3月31日までいつでも同じ料金なのです。ネットでの申し込み限定ですが、早速予約しました。

そして、行ってきました大阪に。「くくる」というお店のたこ焼きの美味しかったことといったらありません。出来立てのあつあつを食べるのでよけい美味しいのですが、中がトロッとしていて外側はふわふわです。たこも柔らかい。また、明石焼というのもはじめて食べました。たこ焼きに似ているのですが、外側が卵なのです。そしてだしの効いたスープに付けて食べるのですが、これもまた美味しかったです。

そのほか、串揚げ、お好み焼き、うどんと粉もの三昧の2日間でした。大満足の旅行から帰ってきて、早くも次はどこへ行こうかと3人で相談しています。

太ったら着る服がなくなって2万の出費

運動不足で太ってしまったのですが、どうせ結婚した身ですし夫ぐらいしか私のスタイルは気にしないだろうしなんの損もないわと思っていました。

しかし服がほとんど着れなくなってしまったのは予想外でした。ブランドの服どころか近所で購入した適当な洋服すらもはや入りません。 ショックが大きすぎました。 こうなると出掛けるために着る服も限られてしまいます。 暇そうに見えて友人や実家、夫の実家等に行かなければなりませんし、ほぼ毎日子供を公園で遊ばせているので同じ服ばかり着ていてはいつも会うママさん達にどう思われるのだろうと考えてしまいます。とても恥ずかしくて公園には行けなくなってしまいます。

仕方がないので服を買い足しに出掛けることになりました。 ちょっと太っただけだと脳天気に考えていたら2万の出費です。 子供の残した食べ物や夫が食べなかった料理をもったいないからと食べていっただけです。 無料であっという間に太ったのに、その結果2万円の出費だなんて信じられません。地獄に叩き落とされた気分です。

毎月ギリギリの生活をしていて貯金もできていないので2万の出費は我が家には痛すぎました。 しばらくは質素な食生活になりそうです。 基本的に我が家は食費にお金をかけすぎていると思っているので、いい機会と思って節約することにします。 そして夫からはもう痩せろよと言われてしまいました。

確かにそれが一番なのでウォーキングでもするかなと考え中です。健康にもいいし、痩せることができたらラッキーです。

主人の海外出張をきっかけに、副業を始めました。

1年半ほど前から最寄り駅の居酒屋でアルバイトをしています。

もともと接客業が好きで、学生時代からもずっと人と関わるアルバイトをしていました。社会人になってからは営業職として5年働いた後、結婚を機に引っ越しをし、職場が変わりました。新しい職場はこれまでの営業職とは違い社内での業務が多く、お客様とのやり取りが全くありませんでした。

そのあとすぐに、主人が長期海外出張へ行くことが決まりました。 主人が不在で、フルタイムで朝から働いた後も夜は一人で過ごしていました。当時は越してきたばかりで友人もおらず、特に夜をどう過ごせばよいか悩んでいました。

26年間実家暮らしだった私としては夜に一人で過ごすことに慣れておらず、辛い時間を過ごしていました。そのとき、Wワーク(副業)としてアルバイトをしよう!と考えました。情報誌からWワーク可能で、1日数時間の勤務でもOKな案件を探し、居酒屋にたどり着きました。面接の際には、平日の夜に入れる人がほしいとのことですぐに採用が決まりました。

居酒屋での仕事内容は、ホールとしてお客様のご注文を聞いたり、テーブルの片づけ・準備をしたり、レジで精算をする業務を行っていました。20時からラスト(おおよそ24時)まで入っていました。私としては、お客様にたいして「いらっしゃいませ」と言える仕事が楽しく、いつもやりがいを感じていました。

宴会の時は、一度に何十人もの接客と、終わった後の片づけで大変な思いをしていましたが、体を動かすのも楽しかったので、苦痛には感じませんでした。

常連のお客様もいたりして、自分のことを覚えていてくれてうれしかったです。

私の本業(お金)と副業(満足)

私の副業を始めたきっかけは、日中働いている事務職に物足りなさを感じたからです。

そして大学卒などの学歴はなかったのですが、英語圏への海外留学経験があったので、本職が終わった後19:30〜20:00塾の講師として働いていました。

本職に迷惑がかかるとまずいので週2日でやっていましたが、実際には夏季講習・冬季講習などでほぼ週6日ぐらいになってしまい。本職の夏・冬休み期間は全て塾講師として働いていました。自分が持っている能力を使用する事ができて、また英語の基本力アップにつながったりし、大変な事も多かったのですが、やりがいを感じていました。

生徒2人・先生1人の個別塾だったので、一人一人と向き合う事ができ、相手は中学生の子供なのですが、子供である彼らなりの考え方・家庭環境・最近の中学生の傾向などを知ることができて楽しかったです。学校の先生とは違い親御さんと直接触れ合うことがなかったのも楽でした。

親御さんとの話し合い(塾代金などお金の話、生徒の進学先の話など、難しい事色々)は室長が行い、先生は教える事だけに専念することができました。

精神的にはよかったのですが、給料が安く、体力的には疲労により帯状疱疹がでるくらい大変でしたが、なんだかんだと5年くらい続けました。

本職が忙しくなり、辞めなければいけなくなり辞める事になりました。私の様な副業の型は大変恵まれていたのではないかと思います。

お金の面では本業で稼ぎ、副業で精神面の満足を得ていました。

在宅ワークが自分の気分転換になっています

私はずっと会社員として働いてきましたが、第一子の出産をきっかけに退職しました。15年間務めた仕事をやめることについては、未練がなかったと言えばウソになります。

ただ、職場と自宅の位置関係、保育所の問題、夫婦で家事を分担できるかどうかなど、私が産後も働き続けるには高いハードルがいくつもありすぎて、結局仕事を辞めざるを得なかったのです。

仕事を辞めて、一日中子どもと向き合う生活が始まりました。育児というのは24時間営業の仕事のようなもので、子どものことが常に頭から離れないのです。

仕事をしていた時には、毎日決まった時間は外に出て、沢山の人と会話をします。刺激をたくさん受けますし、仕事に没頭することで、しばし家庭のことがある程度頭から離れます。 それが一日中家にいるようになって、外の世界とふれあう機会も途端に少なくなり、また一日中子どもと一緒にいることで気持ちを切りかえる機会もなくなってしまいました。

そんな生活が3年ほど過ぎたころ、クラウドソーシングなるものがあることを知りました。在宅でもできる、パソコンを使った仕事です。在宅でできるので、子どもを保育園に預ける必要はないですし、自分に時間があるときだけ仕事を引き受けることができるのも魅力的でした。

実際にクラウドソーシングを始めてみると、在宅での仕事ではありますが、夢中になって仕事をしていると、その時間だけは家事や育児のことがすこし頭から離れ、自分にとって良い気分転換になることが分かりました。

クラウドソーシングの仕事で実際に得られる収入は大したことないのですが、自分がただ自宅で過ごしているだけでは1円も稼ぐことができないのに、たとえ100円であれ1000円であれ、自分が仕事をしてお金をいただけるということがとても励みになりました。

そんなわけで、現在は無理のない程度にチャットやメールで簡単な仕事を引き受け在宅ワークをしております。

子供がいるので在宅が便利だから

在宅でお仕事をしだしたのは、子供がいるけど、親などの手助けがなかったから、在宅の仕事をするようになりました。

後は、私自身が人見知りが激しいので在宅だと自分だけですむのでそういう点もあります。家でやっているので自分のペースでできるとこも気にいってます。

在宅で仕事で便利なところは、納期をきちんと守っていればあまりあれこれいわれないことが便利です。ただ、納期が遅れそうなときはメールで連絡したり、仕事自体が思っていたのと違うときなどは、早目に連絡します。できない仕事をずるずるしてもできないし、連絡がきちんとできてないと次の仕事につながらないと思います。連絡をきちんとできない人には向いていない仕事だと思います。

在宅ワークで私が主にしているのはライティングや入力系ですがコツコツするのが好きなので楽しめています。文章を考えるのも嫌いじゃないし、入力系は遅いけど在宅だと遅くても納期さえ遅れなければいいというところが気にいっています。

私自身、家事とかもゆっくりなのでパートだと時間がなくて、家のことができなくなるのがいやだし、空いている時間をうまく使える在宅ワークは自分にあっていると思います。ただ、パートとかみたいに外ではっきり働いていると分かりにくいので、家にいて何をしている人だろうなって思われていそうって思ったりします。

子供が調子が悪くて休んだときや、学級閉鎖のときなどは、在宅ワークをしていてよかったと実感します。
最近では余ったお金をソーシャルレンディング2chという手法で資産運用にも回しています。